ムーンクラフト

ムーンクラフト株式会社
MOONCRAFT CO., LTD.
種類 株式会社
本社所在地 〒412-0048
静岡県御殿場市板妻11番地の5
設立 1975年
業種 輸送用機器
法人番号 6080101004309
事業内容 レーシングカーのデザイン、開発設計、製作
レーシングカーのメンテナンス
レースチームの運営及びレースへの参加
風洞実験による空力実験・開発
風洞実験施設のレンタル
代表者 由良拓也(取締役社長、創業者)
古川正人(代表取締役)
資本金 3,346万円
主要株主 東レ・カーボンマジック株式会社(100%)
外部リンク https://www.mooncraft.jp/
テンプレートを表示

ムーンクラフト株式会社(MOONCRAFT CO., LTD)は、静岡県御殿場市に本社を置くレーシングチーム、レーシングカーコンストラクターである。

概要

1975年にレーシングカーデザイナー由良拓也が、レーシングカーデザイン会社としてムーンクラフトを設立。国内外様々なレーシングカーのデザイン・製作を手がける。

1977年、富士グランチャンピオンレース (GC) 用マシン「紫電77」は、洗練されたデザインによりレース界に衝撃を与えた[1]。同じくGC用として製作したMCS(ムーン・クラフト・スペシャル)カウルは、GCレースが単座席化した1980年代初頭に圧倒的な強さを誇った。

また1983年にデザインした「マツダ・717C」は、1983年ル・マン24時間レースで日本車初のクラス優勝を獲得するなど、数多くの実績を上げている。1985年からは自社のレーシングチームでレースに参戦。全日本F3000フォーミュラ・ニッポン、JTCCなどに参戦している[2]

2018年11月、東レ・カーボンマジックはムーンクラフトの全株式を取得し、子会社化することを発表した[3]

製作、設計したレーシングカー

  • ローラ・MCS94

脚注

  1. ^ “「速いクルマは美しい」に形から挑んだ名車とは?ムーンクラフトの名車”紫電”の歴代モデルをご紹介します。”. Motorz. 2016年11月15日閲覧。
  2. ^ “MOONCRAFT、レースの記憶”. MOONCRAFT CO., LTD. 2022年8月8日閲覧。
  3. ^ “ムーンクラフト株式会社の株式取得について”. 東レ・カーボンマジック株式会社. 2018年11月8日閲覧。

外部リンク

  • 公式サイト
執筆の途中です この項目は、モータースポーツに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。
執筆の途中です この項目は、企業に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(ウィキプロジェクト 経済)。